働き方は会社員だけじゃない!
seが派遣として働いたら?魅力と将来性は?
Menu

派遣seの現状の可能性とは 2016-05-04

派遣で働いているseの人の中には、この職業の将来性が気になる人も多くいます。
seという職種時代それほど歴史が長くないために、将来的にどうなっていくのかと現状を見ながら不安に思う人もいます。しかしシステムエンジニアという職種は歴史が浅いからこそ、逆に将来性がある仕事と言っても良いでしょう。現在ではどのような会社でも社内でネットワークを構築したり、物流や出荷のシステムなどを構築していない会社はまずありません。

またそれらのシステムを開発するために、IT関係の会社に仕事を発注することも非常に多くなっています。IT化はどのような会社でも避けられない流れであり、seという職種が無くなることはまず無いといえます。そのような意味では経理や営業という職種と並ぶか、それ以上に将来性はあり、この仕事をずっと続けていくことも不可能ではありません。たとえ現状派遣という不安定に見える立場で働いているとしても、専門職であるだけに時給は普通の事務や一般職の派遣よりも高く設定されており、正社員並みに稼ぐことも十分に可能です。

また様々な現場を経験し、実績を積み上げることで正社員へ転職をすることも難しくはないです。これらの内容を考えるとシステムエンジニアは現状に不安を感じている人がいても、将来的な展望は開けている職種と言えます。なので非正規でも焦ることなくじっくり経験を積み、自分のスキルを高めていけば良い待遇の職場に出会うことも可能です。

派遣seの現状の可能性とは へのコメントはまだありません
タグ: ,
カテゴリー: