働き方は会社員だけじゃない!
seが派遣として働いたら?魅力と将来性は?
Menu

派遣seの年収はどれくらいなのか 2016-05-10

派遣労働の形態をとっているというと、ボーナスが無かったり交通費が出なかったりと、どうしても正社員よりも待遇で劣り、年収面に関しても低いというイメージは拭えないものがあります。
その分責任もあまりなく、束縛されない働き方や、一家のサブ的なポジションで収入を得たいという人には向いているのですが、バリバリ稼ぎたい人だと派遣では限界があるという見方もあります。

しかしseなどIT系の仕事に関しては、事務系の仕事と異なり、その労働者のスキル次第で仕事の出来不出来が左右されやすいという属人性が強めなので、派遣でも給与の交渉の余地がかなりあります。クオリティが高く、確実に作動するようなシステム開発や、納期にしっかりと間に合わせられるような人間ならば、かなりの時給で契約をすることもできます。IT系の仕事というのは労働者の数が多ければ、必ずしも良い物が確実に作れるというものではなく、スキルの高い人間が一人いると数人分の働きをすることも十分に可能です。なので自分がその職場にとって確実に価値を提供できる人間といえるのならば、人材会社を経由、もしくは自分で直接交渉をしてもよいでしょう。

一方でその分もちろんクオリティの高い仕事を提供していく必要はあります。
時給の高さはイコール責任の重さとも言えるので、自分にまだそこまでの自信がない場合は交渉はしないほうがいいでしょう。しかしスキルの高さが時給の高さに繋げられるのは、仕事をしていくうえでの大きな励みやモチベーションにも成り得ます。

派遣seの年収はどれくらいなのか へのコメントはまだありません
タグ: ,
カテゴリー: